RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
現に利益を受けている限度
 制限行為能力を理由に法律行為が取り消された場合、その制限行為能力者は
 その行為によって受けた利益を返還する義務はあるか?


         ↓




       ↓




          ↓


 
制限行為能力者はその行為によって現に利益を受けている限度において
  返還義務を負う。(民法第121条ただし書)

 
 
 じゃぁ、その現に利益を受けている限度って?

 
現に利益を受けている限度とは、現に残っている利益のこと。
 生活費などは、利益があってもなくても当然にかかる費用なので返還しなければ
 ならない。

 一方、浪費しちゃった分は無駄に使って無くしてしまったので、現に利益を受けて
 いるとは言えず、返還する必要はない。





 ちょっと理解しづらいけれど、とにかく、

 生活費 ⇒ 返還義務アリ

 浪費  ⇒  返還義務ナシ


 
って覚えておこーっと。

 

 ◆24,000円〜33,000円、お得になってます!

 


  
author:あこちん, category:民法, 01:56
comments(1), -, pookmark
スポンサーサイト
author:スポンサードリンク, category:-, 01:56
-, -, pookmark
Comment
管理者の承認待ちコメントです。
-, 2011/08/06 4:26 PM