RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
表見代理
AはBに土地を賃貸する代理権を与えたが、BはCにその土地を売ってしまった。
Cがこの代理権について善意無過失の場合、この売買契約の効果はAに帰属するか?  ↓



  ↓



  ↓


答え : 帰属する。



権限外行為の表見代理(民法第110条)
 ってヤツですね。



Aは賃貸契約の代理権を代理人Bに与えたのに、代理人Bは善意無過失のBと売買契約を結んでしまった。

本人Aには申し訳ないけれど、そんな代理人を選んだアナタが悪い、そして善意無過失のCを保護しましょう、ってことで、この売買契約の効果は本人に帰属してしまうわけね。



その他の表見代理として、、、


■代理権授与表示による表見代理(民法第109条)





本人Aは、Bに代理権を与えていないんだけれど、与えたかのようなことをCに表示した。
それを信じたCは、Bと売買契約を結んだ。

Bは代理権を与えてもらっていないので無権代理人なんだけれども、この売買契約の効果は本人Aに帰属する。

そりゃそーだ。
だって本人Aが自分でそう言っちゃったんだもんね。


で、大切なのは、代理権授与表示、ってのは代理権を与えたことを表示してるってことではなく、代理権を与えたかのような表示をしてること、を言うんだよね。



■代理権消滅後の表見代理(民法第112条)



本人Aは、代理人Bに売買契約の代理権を与えていたが、その代理権はすでに消滅している。
にもかかわらず、モト代理人(無権代理人)Bは、善意無過失のBと売買契約を結んだ。

この場合も、相手方の保護ということで売買契約の効果は本人に帰属する。



以上、表見代理の3つ。
覚えておかないとね。



■民法第109条(代理権授与表示による表見代理)

 第三者に対して他人に代理権を与えた旨を表示した者は、その代理権の範囲内においてその他人が第三者との間でした行為についてその責任を負う。ただし、第三者がその他人が代理権を与えられていなかったことを知り、または過失によって知らなかったときは、この限りでない。


■民法第110条(権限外行為の表見代理)

 前条本文の規定は、代理人がその権限外の行為をした場合において、第三者が代理人の権限があると信ずべき正当な理由があるときについて準用する。


■民法第112条(代理権消滅後の表見代理)

 代理権の消滅は、善意の第三者に対抗することができない。ただし、第三者が過失によってそのその事実を知らなかったときには、この限りではない。

 

author:あこちん, category:民法, 14:50
comments(1), -, pookmark
現に利益を受けている限度
 制限行為能力を理由に法律行為が取り消された場合、その制限行為能力者は
 その行為によって受けた利益を返還する義務はあるか?


         ↓




       ↓




          ↓


 
制限行為能力者はその行為によって現に利益を受けている限度において
  返還義務を負う。(民法第121条ただし書)

 
 
 じゃぁ、その現に利益を受けている限度って?

 
現に利益を受けている限度とは、現に残っている利益のこと。
 生活費などは、利益があってもなくても当然にかかる費用なので返還しなければ
 ならない。

 一方、浪費しちゃった分は無駄に使って無くしてしまったので、現に利益を受けて
 いるとは言えず、返還する必要はない。





 ちょっと理解しづらいけれど、とにかく、

 生活費 ⇒ 返還義務アリ

 浪費  ⇒  返還義務ナシ


 
って覚えておこーっと。

 

 ◆24,000円〜33,000円、お得になってます!

 


  
author:あこちん, category:民法, 01:56
comments(1), -, pookmark
胎児の権利能力

 胎児は権利能力を有しないのが原則ですが、例外的に権利能力が認められる場合が
あります。

それは、どんな場合でしょう?


     ↓



      ↓



     ↓


胎児の権利能力

・不法行為に基づく損害賠償請求権(民法第721条)
・相続(民法第886条)
・遺贈(民法第965条)

以上の3ケースの場合は、胎児にも例外的に権利能力が認められます。

そして、無事に生まれた時に初めて、相続開始や不法行為の時に遡って権利能力を取得します。

author:あこちん, category:民法, 01:02
comments(0), -, pookmark
期限の定めのない債権
過去問ね。
次の記述は、正しいか誤りか。

◆期限の定めのない債権の消滅時効は、債権者が相当な期間をもって催告し、その期間が経過した時から進行する。












答え ×



消滅時効ってのは、権利を行使できる時から始まんのよね。
ってことは、期限の定めのない債権は債権が成立した時、ってことでしたー。


ちなみに、不法行為による損害賠償請求権の場合は、損害・加害者を知った時から消滅時効が進行する。


知った時ね、知った時。
だって知らないと請求しようがないもんねぇ。



ってことで、現在夜中の2時。
そして明日は休日。

あんまり眠くないので寝るのがもったいない気分。
なーのーでー、


コラーゲン入りマリームたっぷりのコーヒーを飲みながら、朝まで過去問を解き続けてみたいと思います。


そーすれば、きっと朝までには眠れると思います。



author:あこちん, category:民法, 02:17
-, -, pookmark
代理権濫用、泣くのは本人クマか?!それとも相手方ネコか!?



まず、本人クマが、代理人ウサギに指輪を売る代理権を与えました。
代理人ウサギは、相手方ネコにクマの指輪を売ったのですが、代金である100万円で自分が欲しかった車を買っちゃおーという意図を持っていました。

クマの指輪を売った100万円をクマに渡さず、自分の欲しかった車を購入した代理人ウサギ。

相手方ネコが相当な注意を払っても、代理人ウサギが指輪の代金100万円を自己の車を購入するために使うということを知ることができなかった場合(善意無過失)、

泣くのは本人クマ。
つまり、本人クマがリスクを負うのね。

代理人が代理権を濫用した場合、代理の効果は原則有効。
本人に帰属する、から。


『そーんなヤツに代理させた本人クマが悪い』


ってゆーことね。



そして例外。
相手方ネコが、代理人ウサギが代理権を濫用していることを知っていた、あるいは知り得た場合は、

知っててシランプリしてるヤツ(ネコ)を保護する必要はない、ってことで、その代理行為は無効ということになるのでありました。







author:あこちん, category:民法, 00:09
-, -, pookmark
共有
とってもとっても基本的なことでも、
地方自治法だとか行政法だとかを勉強してから、ふと民法に戻ってみると、


あれれ。。。。
なんだっけ?これ・・・?????


ってことになってしまうのは、私だけなんでしょうか。


なのでちょっと復習。(忘れたらすぐ復習!!)


*共有物の変更・・・・・共有者全員の同意要

*共有物の管理・・・・・持分の価格の過半数

*保存行為・・・・・・・各共有者でOK



で、混乱しちゃうのが入会権とかゆーヤツ。
入会権も共有の性質を持ってるんだけど、持分という概念がない。
これを、『総有』という。

みんなで一緒に平等に仲良く使いましょ♪ってカンジかしらね。


共有物の分割の請求は、フツーの共有物はいつでもできるけど、入会権の場合は持分ってのがないでの、当たり前だけど分割請求はできない。だけど総有なので、全員の同意があれば、売却することはできる。

そーゆーことかぁ。






author:あこちん, category:民法, 17:27
-, -, pookmark
制限行為能力
かこもーんかもーん。


◆自然人ばかりでなく法人も、成年後見人になることができるが、株式会社等の営利法人は、成年後見人になることはできない。


   ⇒×


*民法843条4項
成年後見人を選任するには、成年被後見人の心身の状態並びに生活及び財産の状況、成年後見人となる者の職業及び経歴並びに成年被後見人との利害関係の有無(成年後見人となる者が法人であるときは、その事業の種類及び内容並びにその法人及びその代表者と成年被後見人との利害関係の有無)、成年被後見人の意見その他一切の事情を考慮しなければならない。


ってことなので、法人でもOKなんだね。
そして、営利法人は後見人になれないとゆう規定もないので、営利法人でもOK。


実際に、どっかの株式会社が後見人になってる例はあるのかね?
あったとすれば、それはどんな理由で株式会社が後見人なんだろ。
まぁいっか。







◆制限行為能力を理由に法律行為が取り消された場合、制限行為能力者は、その行為によって現に利益を受けている限度において、返還の義務を負う。


   ⇒○

んでは、現に利益を受けている限度においての返還義務とは・・・?

生活費、借金返済などの部分は返還しなくてはいけない。
ギャンブルなどの遊びで使った部分は返還する必要ない。



うーん。これをリクツで理解するのにはちょっとタイヘンだったー。

例えばね、未成年が勝手に車を100万で売ったとする。
で、これを後から制限行為能力を理由に取り消したとする。

取り消したとなると、お金を返さなくてはならない。
だけどその未成年者は100万円をパチンコで全て使ってしまった。
その場合、その100万円は返さなくてもいい、ってことよね。


で、逆にね、その未成年者は病気のお母さんがいて、弟や妹が5、6人いて、
お母さんと弟妹を食べさせるために車を売ったとする。
そういった生活費でその100万円を全て使ってしまった場合は、返さなくてはいけない、ってことよね。(いやその前に、そうゆう場合は、取り消さないとは思うんだけど・・・。)


うーん。なぜだ・・・?


なぜかと言うと、生活費などは、その100万があろうがなかろうが必ず出ていくモノなんだから、車を売った100万円は現存しているはずだから返しなさい、ってこと。

ギャンブルなどの浪費は、車を売った100万がなければ使わなかったワケで、あったから使ってしまった。だからもう車を売った100万は現存していないので、返さなくてもいい、ってこと。


・・・・・。


書いてるウチにまたワケがわからなくなってきたぞ。
やっぱり納得がいかない。


なぜーに、パチンコで使った場合は返さなくてもいいのに、病気のお母さんや弟妹のために使った場合は返さなくてはいけないのぉーーー!?


まぁいいや・・・。
とにかく、ギャンブルなどの浪費の部分は返さなくてもいい、って覚えとけばいっか。










author:あこちん, category:民法, 15:13
-, -, pookmark
即時取得の成立要件
あこちんは友人花子から1000円でCDを買った。
だけどそのCDは、実は花子の友人太郎から借りたCDだった。
もちろん、あこちんはそんなことは知らなかった。


そしてあこちんは、太郎から『オレのCD返せ』と言われている。
あこちんは、友人花子から1000円も出して買ったCDを返さなくてはいけないのか?


こうゆうトラブルのためにあるのが即時取得。
即時取得というキマリのおかげで、あこちんはCDを返さなくてすむ。


■民法192条【即時取得】
取引行為によって、平穏に、かつ、公然と動産の所有を始めた者は、善意であり、かつ過失がないときには、即時にその動産について行使する権利を取得する。



■成立要件
1.動産の取引
2.相手方に処分権がない
3.善意・無過失・平穏・公然で取得


ってことで、あこちんはCDを返さずにすんだので良かったけど、なんだか太郎がかわいそう・・・。


って思うんだけど、法律は、花子のCDだと信じたあこちんの味方。
他人の物を借りといて、別の人に売ってしまうような人(花子)に、CDを貸すアンタ(太郎)が悪い!ってことだねー。




んじゃ、花子のCDが実は太郎が失くした物だったら?


■民法193条【盗品又は遺失物の回復】
前条(192条)の場合において、占有物が盗品又は遺失物であるときは、被害者又は遺失者は、盗難又は遺失の時から2年間、占有者に対してその物の回復を請求することができる。



ってことなので、太郎は失くした時から2年間だけ、あこちんに対して『返してくれ』と請求することができる。


この場合は貸したワケじゃなく、どっかに落としてきちゃった(失くした)ワケだから、太郎にも、2年間だけチャンスを与えてあげよう、ってことね。
もちろん、盗まれた場合もね。



そして、この即時取得は、指図による占有移転でも認められる。


つまり花子は、太郎から借りたCDを夢子に預けておいた。
そして、花子は夢子に、


『そのCDは、あこちんに売ったから、これからはあこちんのCDとして預かっておいてね。』


と電話をした。
ってことよね。


ん?この場合、夢子はこのCDが実は太郎のモノだと知らないのよね?
まぁいいや。難しいことを考えるのはやめよう。


とにかくまぁ、指図による占有移転でも即時取得は認められる!って覚えとこ。


そして、占有改定の場合は即時取得は認められない。
と、いうことは、


花子が1000円であこちんにCDを売っても、CDをあこちんに渡さず、『後でCD持ってくからね〜』とか言っちゃって、自分の手元にCDを残しておいた場合は、即時取得は認められないってことね。


ん?この場合、1000円はどーなってんだろ。
1000円は払っちゃった場合でも、あこちんは即時取得できないワケ?


ってまたこんがらがってしまうよーなことは考えず、
占有改定では即時取得は認められないって覚えとこ。


そして、動産の取引をする場合、支払いは、モノと交換でするよーにしとこっと。


author:あこちん, category:民法, 16:32
comments(0), -, pookmark
期間の定めのない賃貸借
なんか私、民法って解ってるツモリがあんまり解ってないみたい?
今更そんなこと気づいちゃって、どーしよう。
とにかくもう、絶対に落とせないトコだけ、確実な知識にしておかないとー!

焦っちゃダメよね、焦っちゃね。


さて、民法第617条 
当事者が賃貸借の期間を定めなかったときは、各当事者は、いつでも解約の申入れをすることができる。


『貸して〜』

『いいよ〜』

『返す〜』

『あいよ〜』


ってな具合?


あ。解約できる、んじゃなくて解約の申し込みができるのね。
うーん。危ない危ない。


で、その場合は、解約の申し込みから、

*土地・・・・1年
*建物・・・・3ケ月
*動産及び貸席・・・・1日



を経過した時に賃貸借は終了。



そーいえば、試験の申し込みが始まってます。
忘れないようにしないとね。
行政書士試験研究センター


今はネットから申し込めるから便利だねー。
ただ、ネットだと、ちゃんと申し込みがされてるのかどーかと不安になってしまう私は、今のこのIT時代についていけてないのでしょうかね?

そーいえば昔、クリーニング屋のおばちゃんが、クリーニング代を計算機で計算して、その後はそろばん使って確認してた。


『計算機は便利なんだけど、なんとなく信用できないのよねぇ。』
って、そのおばあちゃんは言ってました。


計算機が信用できないんじゃなくて、自分が正しく計算機を使えているかどうかが心配だったんだと思うけど。


なので私も、顔写真の画像がちゃんと添付されてなくて受付ができなくて、その旨メールが行政書士試験センターから来てたとして、だけどそのメールが何かの不都合で届いてなかったとしたら、、、、


どうしよう・・・・・。


行政書士試験センターに電話して確認してみようかな、とか思っちゃった。





author:あこちん, category:民法, 17:28
comments(0), -, pookmark
意思表示
売買契約などは、意思表示からはじまるワケなんだけど、まずはその、意思表示の流れ。


1 動機

『わぁ〜、このワンピース、カワイイし安いわぁ〜。』ってカンジね。


2 内心的効果意思

 『買っちゃおーっと♪』と、心の中で思う。


3 表示意思

 『よし、お店やさんに、買うって言ってこよーっと♪』と心の中で思いながら、ワンピースを持ってレジへ。


4 表示行為

 『これ、くださぁ〜い♪』と、お店の人に言う。


これが、意思表示の流れね。
で、この流れの中のどっかに瑕疵や欠陥があると、その契約は無効や取り消しということになります。


では、どこがどうなると無効や取り消しになるののかな?


◆無効◆

まず、「内心的効果意思」がない場合は意思の欠缺として心裡留保(93条)、
虚偽表示(94条)、錯誤(95条)となり無効です。
内心的効果意思は、2の、『買っちゃおーっと♪』っていう部分ね。


心裡留保・虚偽表示・錯誤⇒無効



◆取り消し◆

「動機」に瑕疵があり、自分の意思を妨げられた場合は、瑕疵ある意思表示として、詐欺や強迫となり、有効であるが取り消しうる法律行為とする。
動機とは、1の、一番最初の『わぁ〜、このワンピース、カワイイし安いわぁ〜。』って部分ね。


この部分で、本当はかわいくないし安くもないワンピースなのに、騙されてそう思わせられた(詐欺)り、無理矢理そう思わせられた(強迫)りした場合、取り消しできる行為ということになります。


詐欺・強迫⇒取り消しできる行為


*参照条文

(心裡留保)第93条 
意思表示は、表意者がその真意ではないことを知ってしたときであっても、そのためにその効力を妨げられない。ただし、相手方が表意者の真意を知り、又は知ることができたときは、その意思表示は、無効とする。


(虚偽表示)第94条 相手方と通じてした虚偽の意思表示は、無効とする。
2 前項の規定による意思表示の無効は、善意の第三者に対抗することができない。


(錯誤)第95条 意思表示は、法律行為の要素に錯誤があったときは、無効とする。ただし、表意者に重大な過失があったときは、表意者は、自らその無効を主張することができない。


(詐欺又は強迫)第96条 詐欺又は強迫による意思表示は、取り消すことができる。
2 相手方に対する意思表示について第三者が詐欺を行った場合においては、相手方がその事実を知っていたときに限り、その意思表示を取り消すことができる。
3 前2項の規定による詐欺による意思表示の取消しは、善意の第三者に対抗することができない。













author:あこちん, category:民法, 13:47
comments(0), -, pookmark