RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
賃借権の譲渡

契約によって、賃借人(借りてる人)の地位を移転することを、賃借権の譲渡って言うのよね。

で、これに対して、賃借人が、目的物(借りてるモノ)を他の第三者に賃貸することを転貸っていいます。


賃借権を譲渡する場合には要件があります。


■賃貸人(貸してる人)の承諾

ま、当たり前よね。
賃貸借とは、賃貸人と賃借人(貸してる人と貸す人)との信頼関係から成り立ってるんだから。

賃貸人は、どこのどんな人がどんな目的で、その目的物(貸しているモノ)を利用してりるのかをちゃんと知っておきたいもんね。

なので、賃借権を譲渡する場合には、賃貸人の承諾が必要となります。


■裁判所の許可

ただし、建物所有を目的とする土地の賃借権(借地権)の場合には、地主に代わる承諾を裁判所に請求することができます。

これは、建物を所有するために土地を借りる、という目的がハッキリしていますから、その土地の利用法は、誰が利用してもほぼ同じだから、です。


では、借地権の場合、賃貸人の承諾も、裁判所の許可も得ずに、無断で賃借権を譲渡したらどうなるか?というと、賃貸人は、一方的に契約を解除することができます。


ですが、判例では、安易に賃借権を奪うべきではないとしています。
不動産の賃借権は、賃借人の生活や営業の基盤となっていることが多いからですね。

なので、不動産賃貸借権の無断譲渡・無断転貸が賃貸人に対する背信的行為に当たらない特段の事情があり、そして、賃貸人との信頼関係が壊れていなければ、解除権は発生しない、としています。






author:あこちん, category:法律用語 た行, 06:12
-, -, pookmark