RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
民法第400条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第400条
---------------------------------------------------------------------------


債権の目的が特定物の引渡しである時は、債務者は、その引渡しをするまで、
(       )の注意をもって、その物を保存しなければならない。















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第400条の答え
---------------------------------------------------------------------------


債権の目的が特定物の引渡しである時は、債務者は、その引渡しをするまで、
( 善良な管理者 )の注意をもって、その物を保存しなければならない。


民法第400条
author:あこちん, category:民法301条〜400条, 16:06
-, -, pookmark
民法第399条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第399条
---------------------------------------------------------------------------


債権は、(     )に見積もることができないものであっても、
その目的とすることができる。














---------------------------------------------------------------------------
◆民法第399条の答え
---------------------------------------------------------------------------


債権は、( 金 銭  )に見積もることができないものであっても、
その目的とすることができる。



民法第399条
author:あこちん, category:民法301条〜400条, 14:52
-, -, pookmark
民法第360条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第360条
---------------------------------------------------------------------------


1 不動産質権の存続期間は、(   )年を超えることができない。
  設定行為でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は(   )
  年とする。


2 不動産質権の設定は、(     )することができる。
  ただし、その存続期間は、更新の時から(     )年を超えることができない。



 



 ↓




 ↓




1 不動産質権の存続期間は、( 10  )年を超えることができない。
  設定行為でこれより長い期間を定めたときであっても、その期間は( 10  )
  年とする。


2 不動産質権の設定は、( 更 新  )することができる。
  ただし、その存続期間は、更新の時から( 10  )年を超えることがでいない。


author:あこちん, category:民法301条〜400条, 06:59
-, -, pookmark
民法第356条
不動産質権者は、質権の目的である不動産の用法に従い、その使用及び収益を
することが(       )。


 




 ↓




 ↓





◆答え

不動産質権者は、質権の目的である不動産の用法に従い、その使用及び収益を
することが( で き る  )。






author:あこちん, category:民法301条〜400条, 01:19
-, -, pookmark