RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
民法第296条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第296条
---------------------------------------------------------------------------
留置権者は、債権の全部の弁済を受けるまでは、留置物の全部について
その(       )ことができる。




 ↓




 ↓




 ↓




留置権者は、債権の全部の弁済を受けるまでは、留置物の全部について
その( 権利を行使する )ことができる。
民法第296条

ちなみにこれは、質権の場合も、ね。

◆民法第350条
第296条〜第300条および、第304条の規定は、質権について準用する。




author:あこちん, category:民法201条〜300条, 07:57
-, -, pookmark