RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
民法第423条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第423条
---------------------------------------------------------------------------

1.債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使する
  ことができる。

  ただし、債務者の(     )する権利は、この限りではない。













---------------------------------------------------------------------------
◆民法第423条の答え
---------------------------------------------------------------------------

1.債権者は、自己の債権を保全するため、債務者に属する権利を行使する
  ことができる。

  ただし、債務者の( 一身に専属 )する権利は、この限りではない。


民法第423条
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 08:04
comments(0), -, pookmark
◆民法第421条
-----------------------------------------
◆民法第421条
-----------------------------------------


第420条の規定は、当事者が(     )ではないものを損害の賠償に
あてるべき旨を予定した場合について準用する。













-----------------------------------------
◆民法第421条
-----------------------------------------


第420条の規定は、当事者が( 金 銭 )ではないものを損害の賠償に
あてるべき旨を予定した場合について準用する。


民法第421条
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 09:07
comments(0), -, pookmark
◆民法第420条
-----------------------------------------------------------
◆民法第420条
-----------------------------------------------------------


1.当事者は、債務の不履行について【     】を予定することができる。
  この場合において、裁判所は、その額を増減することができない。


2.【       】は、履行の請求または解除権の行使を妨げない。

3.違約金は、【      】と推定する。















1.当事者は、債務の不履行について【 損賠賠償の額 】を予定することができる。
  この場合において、裁判所は、その額を増減することができない。


2.【 損賠額の予定 】は、履行の請求または解除権の行使を妨げない。

3.違約金は、【 損賠額の予定 】と推定する。


民法第420条



author:あこちん, category:民法401条〜500条, 05:59
-, -, pookmark
民法第419条
--------------------------------------------------------
◆民法第419条
--------------------------------------------------------

1.金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、【   】  によって定める。

  ただし、【    】が【    】を超えるときは、【    】による。


2. 前項の損害賠償については、債権者は、損害の賠償をすることを【    】。


3. 第1項の損害賠償については、債務者は【    】をもって抗弁とすることが
   できない。













------------------------------------------------------------
◆民法第419条
-------------------------------------------------------------



1.金銭の給付を目的とする債務の不履行については、その損害賠償の額は、
  【法定利率】によって定める。

  ただし、【約定利率】が【法定利率】を超えるときは、【約定利率】による。


2. 前項の損害賠償については、債権者は、損害の賠償をすることを
  【要しない】。


3. 第1項の損害賠償については、債務者は【不可抗力】をもって抗弁とすることが
   できない。


民法第419条
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 06:53
-, -, pookmark
民法第418条
----------------------------------------------
◆民法第418条
----------------------------------------------


債務の不履行に関して債権者に(   )があったときは、
裁判所は、これを考慮して損害賠償の責任およびその額を定める。
















債務の不履行に関して債権者に( 過 失 )があったときは、
裁判所は、これを考慮して損害賠償の責任およびその額を定める。


民法第418条 過失相殺



author:あこちん, category:民法401条〜500条, 23:14
-, -, pookmark
民法第417条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第417条
---------------------------------------------------------------------------

損害賠償は、別段の意思表示がないときは、(    )をもってその額を定める。














損害賠償は、別段の意思表示がないときは、(金銭)をもってその額を定める。

民法第417条
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 01:12
-, -, pookmark
民法第416条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第416条
---------------------------------------------------------------------------

1 債務の不履行に対する損害の請求は、これによって(          )
  損害の賠償をさせることをその目的とする。


2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、
  または予見することができた時は、債権者は、その賠償を請求することが
  できる。















1 債務の不履行に対する損害の請求は、これによって(通常生ずべき)
  損害の賠償をさせることをその目的とする。

2 特別の事情によって生じた損害であっても、当事者がその事情を予見し、
  または予見することができた時は、債権者は、その賠償を請求することが
  できる。

民法第416条 損害賠償の範囲
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 14:12
-, -, pookmark
民法第415条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第415条
---------------------------------------------------------------------------

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって
生じた(      )を請求することができる。

(     )の責に帰すべき事由によって履行をすることができなくなった
ときも、同様とする。













---------------------------------------------------------------------------
◆民法第415条 の答え
---------------------------------------------------------------------------

債務者がその債務の本旨に従った履行をしないときは、債権者は、これによって
生じた( 損害の賠償を )を請求することができる。

( 債務者 )の責めに帰すべき事由によって履行をすることができなくなった
ときも、同様とする。

民法第415条 債務不履行による損害賠償請求

author:あこちん, category:民法401条〜500条, 23:56
-, -, pookmark
民法第414条3項
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第414条3項
---------------------------------------------------------------------------


3 (    )を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者が
  した行為の結果を除去し、または将来のため適当な処分をすることを、
  裁判所に請求することができる。
















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第414条3項の答え
---------------------------------------------------------------------------


3 ( 不作為 )を目的とする債務については、債務者の費用で、債務者が
  した行為の結果を除去し、または将来のため適当な処分をすることを、
  裁判所に請求することができる。


民法第414条3項


author:あこちん, category:民法401条〜500条, 12:00
-, -, pookmark
民法第414条2項
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第414条
---------------------------------------------------------------------------


2 債務の性質が強制履行を許さない場合において、その債務が作為を目的
  とするときは、債権者は、(      )の費用で、(      )
  に、これをさせることを裁判所に請求することができる。


  ただし、法律行為を目的とする債務については、裁判をもって
  (     )の意思表示に代えることができる。

















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第414条
---------------------------------------------------------------------------


2 債務の性質が強制履行を許さない場合において、その債務が作為を目的
  とするときは、債権者は、( 債務者 )の費用で、( 第三者 )
  に、これをさせることを裁判所に請求することができる。


  ただし、法律行為を目的とする債務については、裁判をもって
  ( 債務者 )の意思表示に代えることができる。


民法第414条2項
author:あこちん, category:民法401条〜500条, 10:09
-, -, pookmark