RSS | ATOM | SEARCH
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

author:スポンサードリンク, category:-,
-, -, pookmark
民法第753条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第753条
---------------------------------------------------------------------------



未成年者が婚姻をしたときは、これによって、(    )に達した
ものとみなす。














---------------------------------------------------------------------------
◆民法第753条の答え
---------------------------------------------------------------------------



未成年者が婚姻をしたときは、これによって、( 成 年 )に達した
ものとみなす。



民法第753条

author:あこちん, category:民法701〜800条, 09:54
-, -, pookmark
民法第752条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第752条
---------------------------------------------------------------------------



(     )は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第752条の答え
---------------------------------------------------------------------------



(  夫 婦  )は同居し、互いに協力し扶助しなければならない。



民法第752条

author:あこちん, category:民法701〜800条, 13:30
-, -, pookmark
民法第751条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第751条
---------------------------------------------------------------------------


1 夫婦の一方が死亡したときは、生存配偶者は、婚姻前の氏に
  復することが(     )。



2 第769条の規定は、前項及び第728条第2項の場合について
  準用する。















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第751条の答え
---------------------------------------------------------------------------


1 夫婦の一方が死亡したときは、生存配偶者は、婚姻前の氏に
  復することが( できる  )。



2 第769条の規定は、前項及び第728条第2項の場合について
  準用する。



民法第751条


*参考条文

民法第769条

1 婚姻によって氏を改めた夫又は妻は、第897条第1項の権利を承継した後、
  協議上の離婚をしたときは、当事者その他の関係人の協議で、その権利を承
  継すべき者を定めなければならない。

2 前項の協議が調わないとき、又は協議することができないときは、同項の権利
  を承継すべき者は、家庭裁判所がこれを定める。


民法第728条(←クリック)

author:あこちん, category:民法701〜800条, 09:24
-, -, pookmark
民法第750条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第750条
---------------------------------------------------------------------------


夫婦は、婚姻の定めるところに従い、夫または妻の(    )を称する。















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第750条の答え
---------------------------------------------------------------------------


夫婦は、婚姻の定めるところに従い、夫または妻の(  )を称する。

民法第750条


author:あこちん, category:民法701〜800条, 11:55
-, -, pookmark
民法第749条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第749条
---------------------------------------------------------------------------

第728条第1項、第766条から第769条まで、
第790条第1項ただし書並びに第819条第2項、第3項、第5項及び
第6項の規定は、(      )について準用する。















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第749条の答え
---------------------------------------------------------------------------

第728条第1項、第766条から第769条まで、
第790条第1項ただし書並びに第819条第2項、第3項、第5項及び
第6項の規定は、( 婚姻の取消 )について準用する。


民法第749条

author:あこちん, category:民法701〜800条, 12:22
-, -, pookmark
民法第748条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第748条
---------------------------------------------------------------------------


1 婚姻の取消は、(       )、その効力を生ずる。

2 婚姻の時においてその取消の原因があることを知らなかった当事者が、
  婚姻によって、財産を得たときは、(             )、
  その返還をしなければならない。

3 婚姻の時においてその取消の原因があることを知っていた当事者は、
  (          )を返還しなければならない。

  この場合において、相手方が善意であった時は、これに対して、
  損害を賠償する責任を負う。  















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第748条の答え
---------------------------------------------------------------------------


1 婚姻の取消は、( 将来に向ってのみ )、その効力を生ずる。

2 婚姻の時においてその取消の原因があることを知らなかった当事者が、
  婚姻によって、財産を得たときは、( 現に利益を受けている限度において )、
  その返還をしなければならない。

3 婚姻の時においてその取消の原因があることを知っていた当事者は、
  ( 婚姻によって得た利益の全部 )を返還しなければならない。

  この場合において、相手方が善意であった時は、これに対して、
  損害を賠償する責任を負う。  


民法第748条



author:あこちん, category:民法701〜800条, 11:29
-, -, pookmark
民法第747条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第747条
---------------------------------------------------------------------------


1 詐欺または強迫によって婚姻をした者は、その婚姻の取消を(    )
  に請求することができる。


2 前項の規定による取消権は、当事者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を
  免れた後3ヶ月を経過し、または追認をしたときは、消滅する。














---------------------------------------------------------------------------
◆民法第747条の答え
---------------------------------------------------------------------------


1 詐欺または強迫によって婚姻をした者は、その婚姻の取消を(家庭裁判所 )
  に請求することができる。


2 前項の規定による取消権は、当事者が、詐欺を発見し、若しくは強迫を
  免れた後3ヶ月を経過し、または追認をしたときは、消滅する。


民法第747条


author:あこちん, category:民法701〜800条, 14:18
-, -, pookmark
民法第746条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第746条
---------------------------------------------------------------------------


第733条の規定に違反した婚姻は、前婚の解消若しくは取消の日から
(    )を経過し、又は女が再婚後に(   )したときは、
その取消を請求することができない















---------------------------------------------------------------------------
◆民法第746条の答え
---------------------------------------------------------------------------


第733条の規定に違反した婚姻は、前婚の解消若しくは取消の日から
( 6ヶ月 )を経過し、又は女が再婚後に( 懐 胎  )したときは、
その取消を請求することができない


民法第746条


*参考条文
民法第733条

author:あこちん, category:民法701〜800条, 16:49
-, -, pookmark
民法第745条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第745条
---------------------------------------------------------------------------

1 第731条の規定に違反した婚姻は、不適齢者が適齢に達したときは、
  その取消を請求する(        )。


2 不適齢者は、適齢に達した後、なお3ヶ月間は、その婚姻の取消を請求
  することができる。ただし、適齢に達した後に(    )をしたとき
  はこの限りではない。
















*答え

民法第745条


1 第731条の規定に違反した婚姻は、不適齢者が適齢に達したときは、
  その取消を請求する( ことができない )。


2 不適齢者は、適齢に達した後、なお3ヶ月間は、その婚姻の取消を請求
  することができる。ただし、適齢に達した後に( 追 認 )をしたとき
  はこの限りではない。


民法第745条


*第731条
author:あこちん, category:民法701〜800条, 17:07
-, -, pookmark
◆民法第744条
---------------------------------------------------------------------------
◆民法第744条
---------------------------------------------------------------------------

1 第731条から第736条までの規定に違反した婚姻は、各当事者、
  その親族又は(    )から、その取消を(    )に請求す
  ることができる。


  ただし、検察官は、当事者の一方が死亡した後は、これを請求する
  ことができない。


2 第732条又は第733条の規定に違反した婚姻については、
  当事者の配偶者又は前配偶者も、その取消を請求することができる。














---------------------------------------------------------------------------
◆民法第744条の答え
---------------------------------------------------------------------------

1 第731条から第736条までの規定に違反した婚姻は、各当事者、
  その親族又は( 検察官 )から、その取消を( 家庭裁判所 )
  に請求することができる。


  ただし、検察官は、当事者の一方が死亡した後は、これを請求する
  ことができない。


2 第732条又は第733条の規定に違反した婚姻については、
  当事者の配偶者又は前配偶者も、その取消を請求することができる。





〜参考条文〜

731条
732条
733条
734条
735条
736条



author:あこちん, category:民法701〜800条, 13:48
-, -, pookmark